Linux Mint 18.1でCanon LBP3100を使う

【追記:2018/2/24】
その後Linux Mint 18.3で試してみたが印刷できない。
18.1でインストールした後、18.3にアップデートしたマシンでは問題なく印刷できるのだが、18.3をクリーンインストールすると何をどうやってもダメである。

 

Canon LBP3100

http://cweb.canon.jp/drv-upd/lasershot/linux/captlinux.html

ドライバーをダウンロード
※最新のドライバーはVer.2.71(2018年2月24日現在)

$ tar -xf  linux-capt-printerdriver64-v270.tar.gz

解凍されたフォルダの中の64-bit_Driver → Debianフォルダを選択

cndrvcups-common_*
cndrvcups-capt_*

の順にdebパッケージをダブルクリックでインストール

cupsを再起動する

$ sudo service cups restart

プリントスプーラにプリンタ(PPD)を登録

$ sudo /usr/sbin/lpadmin -p LBP3100 -P /usr/share/cups/model/CNCUPSLBP3100CAPTJ.ppd -v ccp://localhost:59687 -E

ccpdデーモンの設定ファイルにプリンタを登録

$ sudo /usr/sbin/ccpdadmin -p LBP3100 -o /dev/usb/lp0

CUPS_ConfigPath = /etc/cups/
LOG Path = None
UI Port = 59787

Entry Num : Spooler : Backend : FIFO path : Device Path : Status
—————————————————————————-
[0] : LBP3100 : : : /dev/usb/lp0 : New!!

 

ccpdデーモンを起動

$ sudo /etc/init.d/ccpd start

※ここでUSBケーブルを接続し、プリンタの電源をオンにする
※USB接続後、自動認識されるプリンタ設定は使わない

 

cupsd.confの修正

$ sudo vi /etc/cups/cupsd.conf

#Listen localhost:631  ←localhost以外からのアクセスも可能にする
Listen 631

#プリンタを利用するクライアントのネットワークを追加
Order allow,deny
Allow From 192.168.1.0/24

#ブラウザ経由で設定を行うクライアントのネットワークを追加

Order allow,deny
Allow From 192.168.1.0/24

cupsを再起動する

$ sudo service cups restart

 


 

ccpdの自動起動の設定

/etc/init.d/ccpdを次のように変更

#!/bin/sh
# startup script for Canon Printer Daemon for CUPS (ccpd)

#!/bin/sh
### BEGIN INIT INFO
# Provides:          ccpd
# Required-Start:    cups
# Required-Stop:
# Default-Start:     2 3 4 5
# Default-Stop:      0 1 6
# Short-Description: Canon Printer Daemon for CUPS (ccpd)
### END INIT INFO

 

$ sudo update-rc.d ccpd defaults
広告